3代目 J FUTON MAKER

布団製造業3代目、睡眠環境・寝具指導士、takumin1210のお布団ブログ。寝具、ベビー布団やベビーグッズをはじめとする自社製品、趣味のテニス(少し)、神社巡り(ほぼメイン)、子育てなど。コーヒー好き。ゴルフ始めたいけど、クラブも無いし、買わなきゃ。。と思いつつ、月日は流れる。

今日から8月

暑い日が続いています。

オリンピック日本メダル獲得!とコロナ最多更新!の日々。

特に彦根市出身の競泳個人メドレー大橋悠依選手の2種目での金メダル獲得が地元民としては嬉しいニュースです。

難しいだろうけど、城まつりとかと合わせて凱旋パレードとかしてほしいなぁ。

 

本日のお朔参りは、夏休みの日曜日、そして試合前ということで、長男と一緒に参加しました。

境内は万灯祭の準備に忙しくされています。

昨年は神事のみ行われましたが、今年は付随するイベントは取りやめるものの、それ以外は例年と変わりなく開催するそうです。

 

f:id:takumin1210:20210801232757j:image1万を超える提灯の準備。お疲れ様です。

 

コロナ禍ですが、伝統行事の2年連続の縮小を避け、祭りを開催される神社の決断を個人的には支持します。

 

そして、本日開催された彦根市空手道大会の3・4年男子の部で、長男が優勝できました。一昨年の3位からの優勝です。成長してます!

 

f:id:takumin1210:20210801233123j:image表彰式

 

小さな規模の大会ですが、初めて優勝したことが、本人にとって自信になると思います。

 

このような時期に大会の設営をしてくださった先生方、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 

そしてこの週末、鳥人間コンテストも無観客にて開催されたようです。

f:id:takumin1210:20210801233508j:imageこの写真は先週のびわ湖。鳥人間コンテストの舞台も見えます

 

イベントで人が集まるからって何でも中止にするのではなく、感染症対策をして開催していかないと、今までの積み重ねが無くなってしまいますからね。

 

コロナに負けず、頑張りましょう!

 

秋冬撮影

蒸し暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

昨日は秋冬向けアイテムの撮影でした。

毛布、スリーパー、ブランケットなど。

 

f:id:takumin1210:20210714171934j:image毛布です

 

写真の日本製毛布は、毛布の産地である大阪の泉大津で作りました。

当店オリジナル柄の毛布です。

グレー、ブルー、ピンクの3色展開で、同柄のスリーパーも販売予定です。

 

細番手の糸を使用しているので、滑らかな手触りが特徴です。

ずっと触っていたくなる、とっても気持ちいい毛布ですよ。

 

あと、育休中のスタッフと生後半年のお子さんがモデルとして協力してくれました。

 

赤ちゃん、ほんとカワイイです。見てるだけで微笑ましくなりますね。

ちょこっと抱っこさせてもらいましたが、大泣きされてしまいました…。

 

撮影した新商品は、ページ制作を経て、9月中頃には販売開始予定です。

 

またご案内させていただきます。

 

今日は七夕

早いものでもう7月になって1週間。

1年も半分が過ぎてしまいました。。

 

7月1日はいつものようにお朔日参り。過ごしやすい季節なのか、この時期は参列者がとても多いですね。

 

そして7月1日は「びわ湖の日」

この日に合わせて結構イベント等が開催されたりしています。

 

弊社で取り扱っている「1/6fabric」もこの時期の催事でお取り扱いいただいています。

イオンモール草津店 1F イノブンさんです。

こんなにもキレイにディスプレイしていただいて感謝感謝…!

f:id:takumin1210:20210707143307j:plain

f:id:takumin1210:20210707143302j:plain

店舗入り口付近!ありがとうございます。

 

イオンモール草津店にお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。

 

そう言えば、昨年は中止になった鳥人間コンテストが今年は開催されそうです。

f:id:takumin1210:20210707142629j:plain

会場設営真っ只中でした

私の自宅から1.5Km程度のびわ湖岸で開催されています。

彦根の夏の風物詩の一つです!

 

コロナ禍での運営は何かと大変かと思いますが、ぜひ開催してほしいと思います。

 

オリンピックも間近に迫ってきました。

コロナの影響もまだまだ続きそうですが、イベントの規模にかかわらず、感染対策を万全にして安心安全に開催されればいいですね。

 

 

 

最近のこと

先週の日経新聞の全面広告にAmazonの「デジタルが切り拓く中小企業の未来 vol5 」が載っていました。

 

f:id:takumin1210:20210627094120j:imageこのシリーズ、いつも読んじゃいます

 

記事には奮闘する同業者。

ここの代表とはふとん組合で何回も顔を合わせる方で、私ともほぼ同年代。

事業内容や先代社長とのことも聞いていましたが、このように日経の全面広告に掲載されると同業者としてとても刺激になりますね。

 

私も負けずに頑張らないと…!

 

ただ、組合活動もコロナの影響でここ最近は停滞気味…早く元に戻って欲しいな。

 

そして、滋賀県地域資源を広めようと始めたオリジナルのファブリックブランド、1/6fabric。

リニューアルした県立美術館のカフェスペース兼ショップにて麻のハンカチを取り扱っていただきました。

 

f:id:takumin1210:20210627094600j:image

滋賀県立美術館のサイトはこちら。

https://www.shigamuseum.jp/

 

そして、7月1日のびわ湖の日に合わせた催事も何箇所かでスタートしています。

 

昨年はコロナの影響で全て中止になったイベント。まだまだ終息には時間がかかりそうですが、少しずつ元に戻りそうな感じです。早くコロナを気にすることのない日常になるといいですね。

 

6月と言えば、茅の輪

梅雨にもかかわらず、最近は爽やかな天気が続いています。

f:id:takumin1210:20210601212547j:image朝陽が眩しい…!

 

そして、恒例のお朔日参り。朝イチから茅の輪が準備されていました。この時期、他のお社でも見かけますね。

 

f:id:takumin1210:20210601211854j:image早朝の茅の輪

 

多賀大社では月末には夏越しの大祓があります。

http://www.tagataisya.or.jp/event/%e5%a4%8f%e8%b6%8a%e3%81%ae%e5%a4%a7%e7%a5%93%ef%bc%88%e3%81%aa%e3%81%94%e3%81%97%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%af%e3%82%89%e3%81%88%ef%bc%89%ef%bc%bb-%e8%8c%85%e3%81%ae%e8%bc%aa%e3%81%8f%e3%81%90/

 

罪や穢れを祓い清める神事です。

「穢れ」というと、汚いものをイメージしますが、ここでは「気枯れ」の意味らしく、この神事で今年半年間の身体の気を入れ替える、満たすという意味もあるそうです。

私も参加してみようかな。。

 

6月は1年の折り返し。早いものですね。

半年後の年末すらどのような世の中になっているのか、本当に予想も出来ません。

コロナも終息し、今まで通りの日常に一日でも早く戻れることを願います。

 

 

5月も終わり

この時期らしい清々しい朝です。

今年は例年より早く梅雨入りしましたが、この週末は気温も上がりいいお天気。

 

今週はふとん製造組合の役員会と総会、そして日本ふとん協会の役員会でした。

 

f:id:takumin1210:20210530083454j:image2つの団体の違いを説明すると時間がかかるので割愛します。

 

ふとん製造組合は、所属するふとん製造業者が段々と減っている現状を鑑み、外国人技能実習生の受け入れ窓口としての役割のみ残して、数年後をメドに大きく縮小する方向が決まりました。ふとんに関する研修、調査、広報などその他の役割はふとん協会に移管していくことも合わせて承認されました。

 

残念ですが、妥当な判断です。

むしろ、このままずるずると続けてジリ貧になっていくと考えれば、英断です。

 

私もふとん製造組合の理事としてあと数年しか活動できませんが、引き続きふとん協会会員として積極的にコミットしていきます。

縮小し続けるふとん業界の中で、同業者同士の貴重な意見交換の場ですから、何とかこの仕組みを維持したいですね。

 

そして5月26日の日経新聞一面に衝撃的な記事が…!

 

f:id:takumin1210:20210530084616j:imageまぁよく似た報道ありましたから。

 

人口減少って国の衰退の最も大きな原因ですよ。もう少し何か施策とかないのでしょうか。まぁ何十年も前からこうなる事をわかっていて放置し続けている政治ですから、今更期待しても無理でしょうけど。。

 

もう少し子育てしやすい政策や環境を整えてほしいですね。未来を担う子どもは、まさしく国家の宝ですから。

 

努力が実を結ぶ

久しぶりのブログとなってしまいました。

 

5月16日、滋賀県の空手道大会、組手の部、小学4年男子で、長男が準優勝しました。

そして同じ道場から仲間が6人参加して、なんと4人優勝、2人準優勝。全員が決勝進出という快挙!

いやいや、本当に素晴らしい。

 

f:id:takumin1210:20210517002150j:image表彰式にて。

 

長男、小1の冬から始めた空手。2年半の稽古でついに結果を残しました。もうめちゃめちゃ嬉しい限りです。

 

この歳になると、努力すれば報われるなんて事は必ずしも無いって思ってます。

それでも、子どもには努力すれば報われる、と教えているわけですよ。何かしらの成果を上げる為には、必ず努力は必要ですから。それはこの先の人生ずっと。

 

毎週5日、稽古に行ってるし、このゴールデンウィークなんて11日連続で稽古したし、5月は一緒に早朝からお朔参りまでしました。本当に頑張ってるのを目の当たりにしたから、何とか結果を出して欲しかったし、努力は報われる事を経験して欲しかったんです。

そして、いつも稽古をしてくれる先生はもちろん、周りのみんな、毎週1回出稽古参加のため遠方まで送迎する母親にも感謝の気持ちを持つことを伝えました。

 

準優勝なのでまだゴールではないかもしれませんが、それでも立派。

この結果を受けて、今後もますます稽古に精進して、更なる結果を出して欲しいと思います。

とりあえず、お疲れ様。